ミラブルゼロ(zero)とミラブルプラスを比較!3台使って感じた進化と不満

3台目買っちゃいました  ミラブルゼロの違いは?
  • ミラブルゼロとミラブルプラスはどう違う?
  • どちらがいい?

ミラブルシリーズは機種ごとに価格、機能、仕様が違います。最新モデルはミラブルゼロですが、仕様がガラッと変わったため、必ずしもベストな選択とは限りません。

今回の記事の目的は、ミラブルゼロとミラブルプラスのどちらが自分に合っているか決めやすくすること。そのために、カタログだけでは分からないミラブルの違いを紹介していきます。

3機種とも使った経験をもとに記事を書いているので、選び方のヒントをたくさん見つけていってくださいね。

ミラブルシリーズで比較した感想をざっくりと

最初に、ミラブルシリーズ内で比較して感じたことをざっくりと紹介しておきます。

ミラブルゼロ

■ココは良かった!

  • シリーズ最高のミスト
  • シリーズ最高の洗浄力
  • ヘッド角度改善
  • 止水ボタン搭載

■ココは残念!

  • 大きくて重め
  • 最初は違和感「波型ハンドル」
  • 特典つきの店がない

こんな人におすすめ

  • 新モデルを使いたい
  • 大きさや重さより洗浄力を重視する
  • 止水ボタンを使う
  • シャワースタンドが固定式(角度や高さの調整ができない)

ミラブルゼロのレビュー記事

ミラブルplusハローキティver.

■ココは良かった!

  • 全身に使えるミスト
  • 洗浄力が高い
  • 軽くてコンパクト
  • 使い勝手のバランスがいい
    (不満がない)

■ココは残念!

  • ミストの粒が大きい
  • ヘッド角度
  • 価格が1番高い

こんな人におすすめ

  • 性能のバランスがいい機種を使いたい
  • ゼロとplusのいいとこ取りをしたい
  • 軽くて持ちやすいことを優先
  • 普通のシャワーとの違いを減らしたい
  • 返金保証をつけたい(一部販売店限定)

ハローキティバージョンのレビュー記事

ミラブルplus

■ココは良かった!

  • ふんわりミスト
  • 十分な洗浄力
  • 軽くてコンパクト
  • 安い

■ココは残念!

  • ミストは顔専用
  • ヘッド角度

こんな人におすすめ

  • 価格を抑えて商品券も欲しい
  • 返金保証をつけたい(一部販売店限定)
  • 軽くて持ちやすいことを優先

ミラブルプラスのレビュー記事

好きな順番

  1. ミラブルplusハローキティバージョン
  2. ミラブルゼロ
  3. ミラブルplus

手持ちで使う時間が長いので、軽くてコンパクトなタイプが使いやすいです。さらに洗浄力も高いハローキティバージョンが1番気に入ってます。

つまぽん
つまぽん

ハローキティバージョンはミラブルplusの上位モデル。キティが付いているだけじゃないんです

個人的に思う選び方は、新しいモデルがいい&大きさや重さは気にしない人はミラブルゼロ、どの機能もバランスが良いものを選ぶならハローキティバージョン、ふんわりミスト洗顔と低価格で選ぶならミラブルplusです。

ミラブルシリーズの仕様比較

zeroを購入する前、私が気にした仕様を比較表にしてみました。太字は特に気になった点です。

ミラブル
zero
ミラブル
plus
ミラブル
キティ
税込価格49,390円44,990円49,940円
本体サイズ
高さ×幅
220×110
mm
160×70
mm
165×75
mm
散水板直径70mm65mm65mm
本体重量約350g約162g約167g
1ccあたり
ウルトラファインバブル※1
2,000万個(S)
2,000万個(S)
3,000万個(M)
2,000万個(M)3,000万個(M)
1ccあたり
マイクロバブル※1
未発表6,000個(S)6,000個(S)
塩素低減※2約80%低減約80%低減約80%低減
水流3種類2種類2種類
ストップボタンありなしなし
節水効果※3約15%(S)
約40%(S)
約60%(M)
約25%(S)
約60%(M)
約25%(S)
約60%(M)
※1 ファインバブルの量は水流によって異なります
※2 塩素低減は同梱のトルネードスティックの装着が必要
※3 (S)ストレート使用時 (M)ミスト使用時

ミラブルゼロの購入で一瞬ためらったのはサイズです。かなり大きいし重い。髪のすすぎは手持ちで念入りにするので、350gはつらいところ。

それでもzeroを購入した理由

不安があったのに購入した理由は、

  • ストレート水流でもウルトラファインバブルが出るようになった
  • ミストの使いやすさが向上した

という情報を見たからです。

ちなみに、ミラブルplusでも十分な洗浄効果を体感できたので、ウルトラファインバブルの量はこだわらなくてもいいと思います。私たちが日常で使うレベルだと大差はありません。

\購入したをご紹介/

ミラブルプラスと比べてミラブルゼロで気になったこと、悪かったこと

ミラブルゼロで気になったこと
  • ゴツくてやや重い
  • 持つところが波型で馴染みにくい
  • 販売店の独自サービスがない

逆にこの3つが気にならなければ、ミラブルゼロを買っても後悔しないはずです。

ゴツくて大きい。やや重い。

ミラブルのサイズ比較まとめ(カタログ値)

ミラブル
zero
ミラブル
plus
ミラブル
ハローキティ
本体サイズ
高さ×幅
220×110
mm
160×70
mm
165×75
mm
ヘッド部直径70mm65mm65mm
本体重量約350g約162g約167g
サイズの単位はmm

カタログ値でもミラブルゼロが大きくて重いのは明らか。実物を並べたら、想像を超えたゴツさでした。

ミラブルシリーズの長さの違い

従来のミラブルより太くて長い。

存在感もすごいです。

ミラブルキティがある浴室の雰囲気
ミラブルプラスハローキティバージョン
ミラブルゼロがある浴室の雰囲気
ミラブルzero

ミラブルプラスはどんな浴室にも溶け込むデザイン。ミラブルゼロは自己主張が強めです。

重さは堂々の374g。

ミラブルゼロの重さは「本体のみ341g」「トルネードスティック込み374g」
左:本体のみの重さ 右:トルネードスティック装着時の重さ
カタログ値は350gと384g

ミラブルプラスは196g、ハローキティバージョンは201g。約1.8倍です。一般的なシャワーヘッドの重さは200g~300gらしいので、
ミラブルゼロは子どもや年配の人には使いにくいと思います。

同じくらいの重さでテストするなら、飲料の350ml缶が最適。氷結なら誤差6gです。

ミラブルゼロとほぼ同じ重さの350ml缶の「氷結」は368g
つまぽん
つまぽん

特に髪をすすいでいるときに重みを感じますよ

軽さや大きさで選ぶなら、ミラブルプラスかハローキティバージョンがおすすめです。

波型ボディが馴染みにくい(個人差あり)

ミラブルゼロでは、ボディが丸型から波型に変わりました。

ミラブルゼロは持つところ(グリップ)が波型になっている

大きさ、重さ、強度などを考慮してこの形になったのだと思いますが、

ミラブルゼロを持っているところ。波型でややぎこちない
ミラブルプラスを持っているところ。円筒型で普通に持てる

慣れた円筒型の方が持ちやすいです。
いそぽん(夫)は気にならなかったそうですが、私はしばらく違和感が残りました。

正規販売店の独自サービスがない

機種別の特典

ミラブル
zero
ミラブル
plus
ミラブル
ハローキティ
価格49,390円44,990円49,940円
特典なし商品券
など
・キティグッズ
・美顔ローラー
など
保証メーカー1年5年
(メーカー1年+販売店4年)
価格は税込
ミラブルプラス、ハローキティともに特典・保証がない店もあります

ミラブルプラスやハローキティバージョンで人気があった正規販売店の独自サービス。ミラブルゼロは全店で独自サービスがなく、メーカー保証1年のみになりました。

ミラブルゼロで悪くなった点のまとめ

残念!
  • ゴツくてやや重い
  • 持つところが波型で馴染みにくい
  • 販売店の独自サービスがない

ミラブルプラスと比べると、「見た目、サイズ、重さは悪くなった」というのが素直な感想。とはいっても、狙ってこの形やサイズにしたというよりは、機能を高めた結果かなと思います。

ミラブルプラスと比べてゼロで良くなったこと

ミラブルゼロで良くなったこと
  • 全水流にウルトラファインバブルを含む
  • 新水流追加で楽しさUP
  • ミストの感覚と勢いがさらにUP
  • ヘッド角度が下向きに変更
  • 止水ボタン搭載(シリーズ初)

どの水流も高い洗浄力があり、ミストは気持ち良さに加えて勢いがアップ。ヘッド角度の改善と止水ボタンの追加で使いやすくなりました。

全水流を比較

ミラブルzeroミラブルplus
ミラブルハローキティver.
スプラッシュストレート
リングストレート
ストレート
マイクロトルネードミストミスト
混合水流
スプラッシュ&リング
リング&ミスト
混合水流
ストレート&ミスト

ミラブルゼロは水流が1つ増えて合計3つに。また、ミラブルプラスのストレート水流に含まれる気泡はマイクロバブルでしたが、ミラブルゼロは全水流でウルトラファインバブルが生成されます。

マイクロバブルよりウルトラファインバブルの方が小さく、シワや毛穴の奥の洗浄がしやすい

洗浄力はミラブルプラスも高いので、体感レベルでは大差は感じません。でも、風呂上がりの肌のサラサラ感は確実に上がりました。

ストレート水流の違い「スプラッシュは優しいけど弱い」

ウルトラファインバブル量の比較(カタログ値)

ミラブルzeroミラブルplus
ミラブルハローキティ
2,000万個/cc非公表
(マイクロバブルが6,000個/cc)
気泡量はメーカーの製品フライヤーから転記
気泡計測は画像解析粒子計測による
ミラブルゼロ「スプラッシュストレート」

ミラブルゼロのスプラッシュストレートは、肌あたりが優しくなりました。シャワーで刺激を感じる人にも良いと思います。また、瞬間的に大量のウルトラファインバブルを作り出すので洗浄力はシリーズNo1です。

その代わり、吐水範囲と勢いが弱くなってしまいました。

ミラブルzeroスプラッシュストレート
ミラブルプラスハローキティバージョンのストレート水流
ミラブルプラスのストレート水流
ミラブルzero スプラッシュストレート
ハローキティver.
ミラブルplus
previous arrow
next arrow
 
ミラブルzeroスプラッシュストレート
ハローキティver.
ミラブルplus
previous arrow
next arrow

ゼロはほぼ直線のまま吐水され、プラスと比べると体にあたる範囲が狭い。慣れるまでは全身をすすぐ時に物足りなさを感じました

つまぽん
つまぽん

1週間で慣れます

でも、吐水量はミラブルプラスより多くて節水率は低いです。それなのに、なぜ弱く感じるかというと、

スプラッシュストレートは2本の水流が1本になりスクリュー状の水流になる

2本の水流が衝突して1本になる仕組みになっているからです。

ミラブルゼロのストレート水流は24本、ミラブルプラスのストレート水流は36本
吐水穴が多いゼロの方が弱く感じるのは水流の本数が少ないから

使うのが自分だけなら問題ないですが、他の人と一緒に使うなら勢いが落ちることは先に説明しておきましょう。メインで使うのがこのスプラッシュストレートなので。

【新機能】リングストレート

ウルトラファインバブル量の比較(カタログ値)

ミラブルzeroミラブルplus
ミラブルハローキティ
2,000万個/cc該当の水流なし
気泡量はメーカーの製品フライヤーから転記
気泡計測は画像解析粒子計測による

リングストレートは口腔モードとも呼ばれています。この水流はミラブルプラスにはありません。

ミラブルゼロ「リングストレート」

おもしろい試みですが、口内の洗浄用としてはイマイチ。勢いを弱めないと痛いです。どんな効果があるかも分かりません。

いろいろ使ってみたところ、リングストレートは口内じゃなくて頭皮に当てるのが最適解。毛髪の間にスッと入ってきて、頭皮を直に洗ってくれる感覚があります。シャンプーのすすぎ残しも防げるし、なにより気持ちいい。

浴室の床にへばりついた髪の毛をスッと洗い流せるし、すき間掃除にも使えました。口腔モードよりは、ジェット水流として使うと活躍する水流です。

ミストの違い

トルネードミストはシリーズナンバー1確定

ウルトラファインバブル量の比較(カタログ値)

ミラブル
zero
ミラブル
プラス
ミラブル
ハローキティ
3,000万個/cc2,000万個/cc3,000万個/cc
気泡量はメーカーの製品フライヤーから転記
気泡計測は画像解析粒子計測による

ミラブルの代名詞といっても過言ではないミストシャワー。ミラブルゼロでは「トルネードミスト」に名称を変更。体感がかなり良くなりました!

ミラブルプラスのフワッとした感覚に、ハローキティバージョンの勢いを足したシリーズナンバー1のミストです。

今までのミストで残念だった点
  • ミラブルプラス
    霧に包まれる感覚が最高に気持ちいい。でも、霧が細かすぎて体に残る泡を洗い流すだけの勢いがなかった
  • ハローキティバージョン
    体全体の泡を洗い流せるだけの勢いがある。でも、霧が少し粗めで霧に包まれる感覚がなくなっていた

ミラブルゼロのミストは両方の良いところを継承しています。

水流の比較まとめ

ミラブルゼロの水流で気になったのは、スプラッシュストレートの勢いの弱さだけです。それでも1週間も使えば慣れるし、体の泡を洗い流すだけの勢いはもちろんあります。

3台のミラブルを使っていると、ウルトラファインバブルの量が増えても大きな変化は感じませんが、普通のシャワーヘッドから交換するなら、ミラブルゼロが1番洗浄効果を実感できます。

「水流を楽しみたい」「洗浄力や美容をメインに考えている」という人にはミラブルゼロがおすすめです。

水流の比較まとめ

ミラブルzeroミラブルplus
ハローキティver.
スプラッシュストレートストレート
UFB2,000万個/ccMB6,000個/cc
・超やさしい肌あたり
・吐水範囲が狭く弱め
・やさしい肌あたり
・勢いがある
・洗浄力の差は少し
リングストレートなし
UFB2,000万個/cc
・髪のすすぎにいい
・風呂掃除にも使える
マイクロトルネードミストミスト
UFB3,000万個/ccplus
UFB2,000万個/cc
キティver.
UFB3,000万個/cc
plusの包まれる感覚を残しながら、キティver.と同じ勢いがある
いいとこ取り
plus フワッと包まれる感覚がたまらない
勢いがなく顔専用
キティver. 全身をすすげる勢いがある
気持ち良さは低減
UFB…ウルトラファインバブル MB…マイクロバブル
ウルトラファインバブルの方が小さく、毛穴の奥まで届きやすい

使いやすさで良くなったこと

ヘッド角度を変更【70度→50度】

ミラブルプラスは一般的なシャワーヘッドと比べると上向き(ハンドルを垂直にして70度)です。口コミでは角度の不満を見ることもありました。

イラストにするとこんな感じです。

普通のシャワーだと洗髪できたのに、ミラブルプラスだと水流が頭を通り越してしまう
左:普通のシャワー 右:ミラブルプラス

角度や高さを変更できない固定タイプのシャワーフックだと、使いにくい角度です。そのため、角度調整できるシャワーフック を買ったり、手持ち使用にしたりして対処していた人も多かったようです。

ミラブルゼロでは角度が50度(ハンドルを垂直にして50度)になりました。ミラブルに替える前に使っていたTOTOのシャワーヘッドとほぼ同じ角度です。

画像を重ねると、ミラブルプラスとの違いがよく分かります。

ミラブルゼロとミラブルプラスの画像を重ねて角度を比較
ミラブルzeroは下向きに水流が出て、ミラブルプラスは上方向に水流が出ている

この角度なら不満は出ないでしょう。

ついに止水ボタン搭載

ミラブルが発売された当初から多かった「止水ボタン(止水バルブ)が欲しい」という声。ついに搭載です。

ミラブルゼロの止水ボタン(止水バルブ)

我が家は止水ボタン使わない派ですが、使いたい人は多いと思います。止水ボタンがなくてミラブルをあきらめていた人も多かったのではないでしょうか。

ミラブルゼロの止水ボタンについて
  • 一時的に止める機能です。止めっぱなしにするとホースの破裂や水詮の故障の原因になります。
  • 完全止水ではありません。ホースや機器の破損を防ぐため、止水ボタンを押しても少量の水が出ます。

ミラブルプラスと変わらないもの

水流の切替方法はハンドルを回す

水流の切替はミラブルシリーズ共通で、切替ハンドルを回します。

ミラブルの水流切り替え

ボタンやスイッチ式のシャワーヘッドを使ったことがある人だと、ハンドル式の使いやすさを実感できると思います。

スイッチは使用中に切り替えにくい(ボタンが押せない)、順番どおりにしか水流を変えられない、故障しやすいというデメリットがあるからです。

つまぽん
つまぽん

ハンドルタイプは地味だけど楽ですよ!

トルネードスティック(カートリッジ)

ミラブルプラスのトルネードスティック。ミラブルゼロにも引き続き使える。
トルネードスティック

トルネードスティックも従来品と同じ。plusからzeroへの買い替えを検討している人も、残っているトルネードスティックを引き続き使えます

トルネードスティックは、水道水中の残留塩素を約80%低減し、ウルトラファインバブルを増やすカートリッジです。初回購入時に1個同梱されています。

ミラブルシリーズの選び方

ミラブルゼロ

総合評価 4.2

持ちやすさ★3 | 洗浄力★5 | 使いやすさ★4.5 |
気持ち良さ★4.5

ミラブルゼロの画像 正面 横 うしろ

税込価格49,390円

メリット
  • 洗浄効果No.1
  • 最新モデル
  • 使いやすいヘッド角度
  • 止水ボタンあり
デメリット
  • 大きくて重い
  • スプラッシュストレートの水圧が弱め
  • 販売店の独自特典や独自保証がない

洗浄力を重視する人に

大きさと重さはマイナス評価ですが、ミラブルの強みである洗浄力とミストシャワーを堪能できるモデル。最新モデルが欲しい人もzeroを選びましょう。ヘッド角度や止水ボタンなど使い勝手の良さにも注目です。

ミラブルplusハローキティバージョン

総合評価 4.50

持ちやすさ★5 | 洗浄力★4.5 |
使いやすさ★4.5 | 気持ち良さ★4

ミラブルplusハローキティバージョンの画像 正面 横 うしろ

税込価格49,940円

メリット
  • 特に不満がないバランスモデル
  • zeroと大差ない洗浄力
  • コンパクトで軽い
  • 返金保証付きの販売店あり
デメリット
  • ミストの粒が少し大きく水っぽい
  • ヘッド角度が70度
  • 値段が1番高い

洗浄力と持ちやすさのバランスを重視する人に

ミストの水っぽさとヘッド角度はマイナス評価。コンパクトで軽く疲れにくい、手持ちでも使いやすいモデルです。ミストの洗浄力はzeroと同等で、マイクロバブルのストレートも十分な洗浄力があります。普通のシャワーとの差が少なく、個人的におすすめです。

つまぽん
つまぽん

水っぽいミストも気持ちいいですよ

ミラブルplus

総合評価 4.2

持ちやすさ★5 | 洗浄力★3.5 | 使いやすさ★4 |
気持ち良さ★4.5

ミラブルplusの画像 正面 横 うしろ

税込価格44,990円

メリット
  • 安くても十分な洗浄力
  • 軽くて使いやすい
  • ミストのふんわり感が最高
  • 5,000円分の商品券&返金保証つきの販売店あり
デメリット
  • 3機種の中では洗浄力が弱い
  • 優しすぎるミスト水流は全身には不向き
  • ヘッド角度が70度

価格と使いやすさ(軽さ)を重視する人に

ミストは勢いが弱くほぼ顔専用なのとヘッド角度がマイナス評価。(全身はストレート水流で洗浄できます。)ミストはふんわり包み込まれるような感覚で気持ちよさはナンバー1。ミラブル同士で比べると洗浄力は弱いですが、それでも十分な効果があります。購入は商品券と返金保証つきの店がおすすめ。

ミラブルゼロのQ&A

Q
ミラブルゼロの特徴は?
A

水流が前モデルの2種類から3種類に増えました。すべての水流にウルトラファインバブルが含まれ、洗浄効果はシリーズナンバー1です。また、シリーズ初となる止水ボタンを搭載、シャワーヘッドの角度を70度から50度に変更し、使いやすくなりました。
サイズは、前モデルと比べて約6cm長くなり、重量は約1.8倍重くなっています。

Q
ミラブルゼロの保証期間は?
A

正規代理店で購入していれば、メーカー保証が1年あります。正規代理店で購入すると保証はありません。
また、ミラブルplusのような販売店独自5年保証はありません。

Q
ミラブルゼロの価格は?
A

正規品の価格は税込49,390円です。
価格が安い販売店は正規代理店ではありません。正規品と表記されていてもメーカー保証の対象外になります。

Q
安心して購入できる販売店は?
A

正規代理店を選ぶようにしましょう。
私が利用してトラブルがなかった販売店を紹介しておきます。ミラブルplusの購入で利用した株式会社BANGは営業電話もメールもありません。ミラブルzeroの購入で利用したミルキーセレクションは、たまにメルマガが届く程度で配信停止もできます。どちらも安心して購入できます。

Q
ミラブルゼロの節水効果
A

一般的なシャワーヘッドと比較した節水率は、スプラッシュストレートが約15%、リングストレート水流が約40%、トルネードミスト水流が約60%です。
ミラブルplusはストレート水流が約25%、ミスト水流が約60%。メインで使う水流は、ゼロがスプラッシュストレート、plusがストレートなので、節水効果はミラブルプラスの方が高いです。

Q
ミラブルプラスとミラブルゼロはどちらがいい?
A

美容効果(洗浄効果)で決めるならミラブルゼロです。止水ボタンが欲しい、シャワーフックの高さや角度が調整できない場合もzeroがおすすめ。ただし、大きくて重いため、子どもや年配の人、腕の力が弱い人だと疲れやすいのがネックです。
シリーズでバランスがいいと思ったのはハローキティバージョンでした。

個人的なランキングは、
1.ミラブルplusハローキティバージョン
2.ミラブルゼロ
3.ミラブルプラス
です。

Q
ランニングコストに違いはある?
A

ミラブルプラスもミラブルゼロも、トルネードスティックの交換が必要です。交換目安は1~3か月。1個3,190円です。
トルネードスティックは、シャワーを使う時間、温度、水道水の塩素濃度で消耗の早さが変わります。機種による違いはありません。

Q
ミラブルゼロの同梱品は?
A

ミラブルzero本体以外に下記のものが同梱されています。

ミラブルゼロ付属品
発売日2022年6月15日
価格49,390円(税込)
保証メーカー保証1年
※正規代理店以外で購入した場合はメーカー保証対象外です
製品内容ミラブルzero本体、トルネードスティック、アダプターセット、G1/2ネジチェッカー、ストレーナー、Oリング、シャワーパッキン、取扱説明書、オーナーズカード

まとめ

すべてにおいてミラブルゼロが1番じゃなかったのが残念なところ。おかげで長い記事になってしまいました。

ただ、ミラブルのメーカー(株式会社サイエンス)は、ファインバブル専業メーカーなので、ファインバブルの質にかなりこだわっているのは確かです。そう思うと、大きさや見ためが他のシャワーヘッドと違うのは仕方ないところ。高級感やかわいいシャワーヘッドは他メーカーに任せている感すらあります。

「ミストでリラックスしたい、さらに他のシャワーにはない高い洗浄効果もほしい」こんな人にミラブルは向いています。

持っている3種類のミラブルは、使ってみればどれも満足してきました。どの特徴を優先するかが選び方のコツ。より高い洗浄力ならzero、サイズと洗浄力ならキティ、価格ならplusとか。不安だったら返金保証がある機種(キティとplus)を選ぶのもいいと思います。ただし、販売店選びは慎重にしてくださいね。特典と保証が何もない販売店もあります。

つまぽん
つまぽん

ミラブルplusも十分な洗浄力があるので、無理に高い機種を選ばなくてもいいですよ

↑ ミラブルシリーズの選び方に戻る

本記事は下記サイトも参考にしています。

参考サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました